人気のハイ・ローFX取引と口座について

ハイローFX口座

 

 

バイナリーオプションを始める人が増えていますが、そのなかでもハイロー(HIGH・LOW)FX取引は特に人気の取引方法です。

 

バイナリーオプション自体がリスクとリターンを考える難しい取引であって、経験者の人でないと理解するのが難解な面もあります。

 

ただ、じっくりと取り組むのにもハイロー取引を行っている人は多いですし、他の取引方法と比べても遜色ない優れた方法でもあります。

 

ハイローFXというのは莫大な金額の利益が期待できる取引方法ではありませんが、少しずつ利益を積み重ねていくことができますし、ハイローFXを何回も取引しているうちに自分なりの戦略などもわかってくるのではないでしょうか。

 

取引時間も自由ですので、少しの時間を見つけて取り組むことができるのも魅力です。

 

今は特に、スマートフォンのアプリなどで取引できる業者も増えましたよね。

 

ハイローFX取引をするためには、口座開設をすることから始めます。

 

ここでは、ハイロー取引のためのおすすめな会社の口座もいくつか挙げてますので、興味があれば申込をしてみてもいいかもしれません。

 

 


ハイローFX会社のおすすめ口座開設です

国内のハイローFX取引会社のなかでも、特に人気も高くて使いやすい業者・会社を挙げてみます。

 

GMOクリック証券

スマホバナー20160318

GMOクリック証券のFX口座以外にも外為オプションによる取引があります。

 

オプション取引自体がリスクやリターンを考えた複雑な取引方法であって、経験者でないと難しい面もありますが、自信があるという方には使いやすくて良い口座だと思います。

 

口座開設はネットから無料で開設できます。

 

デモトレードでお試しすることもできますので、取引に慣れるまで練習するのも良いですね。

 

GMOクリック証券の公式サイトへ

 

 

みんなのFX

みんなのFX

ハイローFX取引を始めたい人には、「みんなのFX」の口座もおすすめです。

 

ここでは、FXのサービスのほかにも「みんなのバイナリー」というバイナリーオプション向けの取引口座もあります。

 

日本でも人気のFX会社なので、ハイローFXが安心して行ってみたいという人でもいいのではないでしょうか。

 

普通のFX取引で利用する際にも、いろいろサービスが充実していて使いやすいです。

 

スマートフォンで使う際にも、見やすい画面で取引できます。

 

ちょっとした合間にハイローFX取引を行いたい場合にもいいですね。

 

みんなのFXの公式サイトへ

 

 

FX取引は長期保有におすすめでしょうか?

長期保有

 

FX取引では外国為替を取引します。

 

結論から言ってしまうと、FXで数か月以上ポジションを長期保有することはそれほどおすすめではありません

 

(ただし、この考えは人にもよるとは思います)

 

というのも、外国為替にはそもそも長期的なトレンドが発生しないからです。

 

たとえば株なら、会社の将来性を買って会社が大きくなるまで保有するのがメジャーな投資法ですね。

 

会社が大化けすれば何倍、何十倍という値上がりも期待できます。

 

しかし為替の場合は、国の絶対的な評価ではなく、あくまで相対的な信頼性で価格が決まっています。

 

国家という複雑な形態に明確な差を見出すことは基本的に困難です。

 

ある国の経済が発展すれば、ほかの国の経済もよくなり、逆もまたしかりですね。

 

結果的に、為替は1年を通して同じような価格帯を上下するだけのことが多くなります。

 

大きなトレンドが発生するのは、特定の国が大胆な金融政策を継続した時くらいです。

 

ですから、もし長期保有を考えるならそういった政策変更のタイミングを見計らってうまくエントリーする必要があります。

 

あとはスワップポイントを狙った高金利通貨の保有もありますが、これはかつてリーマンショックが発生した時の暴落によって高いリスクが認識されています。

 

いずれにせよ、もしハイロー取引などFXに参加するときはレバレッジの管理と損切りの設定を欠かさずに行い、どんなスタイルのトレードでも大きな損失の回避を心がけてみてください。

 

長期取引にせよ短期のみにするにせよ、少額から行う・・というのは、やはり大事だと思います。

 


FX取引とゼロサムゲームについて

FXゼロサムゲーム

 

「ゼロサムゲーム」という言葉を聞いたことはありますか?

 

ゼロサムゲームとは簡単に言えば、すべてを足すとゼロになるゲームのことを指します。

 

ゼロサムゲームをFX取引の例で考えてみると、通貨の投資(売買)によって利益を得た人がいる一方で、取引により損をする人も存在し、得と損の額は同額であると言うことになります。

 

FX取引は基本的に、ゼロサムゲームと考えてよいわけです。

 

(ちなみに株式取引はゼロサムゲームと定義するのは無理があるかもしれません)

 

得をする人がいるということは同時に同額分損をする人がいるため、投機的であまり良くないイメージをされがちです。

 

ですが、FX取引は貿易などによる為替取引などにも利用されますし、投資の世界の流動性を生むのは投資家の日々の売買そのものです。

 

なので、グローバルな経済の観点から考えるとFX取引は意味のあるものと言うことができます。

 

これから、FX取引を行なう方は取引の特徴(ゼロサムゲームであること)をしっかりと認識した上でスタートするのがよいと思います。

 

もちろん、ゼロサムゲームとはいえ、テクニカル分析等の手法を身につけることができれば、得をする側に建てる可能性が高まることも付け加えておきます。