GMOクリック証券のハイロー取引口座について

GMOクリック証券」は、大手のFX取引会社として有名です。

 

口座を開設して使っている人も多いのですが、使いやすい理由にツールやシステムがしっかりしていることがあります。

 

サポート体制も充実していて、24時間の電話・メールの応対も受けられます。

 

GMOクリック証券には、FX取引口座だけではなく「外為オプション口座」も申込することができます。

 

これは外為オプション取引(バイナリーオプション取引)が行える専用口座になり、ハイロー取引というのは一般的にこのバイナリーオプションのことを指しますね。

 

GMOクリック証券のハイローFX取引は、スマホでもPCからでもスムーズに取引できるので使いやすいです。

 

公式サイトからFX口座の申込をする際に「外為オプション口座も一緒に申し込む」にチェックを入れれば、ハイロー口座も申込できます。

 

GMOクリック証券の公式サイトへ

 

スマホバナー20160318

 

 

 

GMOクリック証券のハイロー取引・主なポイント

GMOクリック証券が提供している「外為オプション口座」には、いくつかの特徴があります。

 

取引ルールや条件など、他社との細かな比較ポイントを確認してみるのがおすすめです。

 

GMOクリック証券の「外為オプション」取引ルールのポイント

取扱銘柄(通貨ペア) 米ドル/円(USD/JPY)、ユーロ/円(EUR/JPY)、ポンド/円(GBP/JPY)、ユーロ/米ドル(EUR/USD)、豪ドル/円(AUD/JPY)・・5種類
呼値の単位(取引価格の最小単位) 1円
最小取引単位 1枚
ペイアウト金額 1枚つき1,000円(固定)
オプションタイプ ラダーオプション(ヨーロピアンタイプ)
取引時間 各回ごとに3時間(1日あたり第10回号まで)、午前8:00〜翌午前5:00(月曜日〜金曜日)
取引の上限 1日あたり10,000枚、1注文あたり200枚(新規購入)

 

GMOクリック証券のハイロー取引で扱える通貨ペアは5種類で、豪ドル/円も対応しています。

 

オプションタイプはラダーオプションと呼ばれる取引方法のみで、一般的なハイロー取引そのものです。

 

取引時間についてはやや変則的で、各号ごとに最長3時間うち1時間が前号と次号の重複開催時間になっています。

 

たとえば、第1回号の開催時間「8:00〜11:00」のなかで10:00になると、第2回号「10:00〜13:00」が開催される・・という形です。

 

各号が終了してから次の号が開催、という形ではないのですね。

 

各号の取引時間自体も2時間で決まるのではなく、長めな3時間の設定になっているのも特徴です。

 

取引の上限については、同時保有は「顧客属性に応じてグループ分けを行い、グループごとに保有上限枚数を設定」という形になっています。

 

つまり、利用する人によって同時保有できる上限は異なってくるのです。

 

ただし、1日あたり購入できる枚数(ロット)は10,000枚までなので、取引できる上限はあるでしょう。

 

 

GMOクリック証券のハイロー取引ツール

PCでの操作・・ブラウザからログインして取引できます。

 

シングルモードという通常の取引画面に加えて、マルチモードという「全ての権利行使価格の取引レートを表示しながら取引できる」モードもあります。

 

スマートフォン(iPhone、Android)での操作・・スマホ用ツール「iClick外為OP」アプリをインストールして取引できます。

 

PCに匹敵する機能(テクニカル分析機能など)を備えていて、直感的に操作できるような画面構成になっています。

 

 

外為オプションのデモ取引

GMOクリック証券の外為オプションは、無料で練習することができるデモトレード口座も用意されてあります。

 

これはメールで希望すれば利用できますが、デモ取引ができるのはパソコンのみになっています。

 

仮想マネーによる外為オプション取引ということで、1,000万円が仮想初期元本になります。

 

ただし、利用開始から1週間経過すると口座状況がリセットされるなど、利用期間も決まっています。